HOME医師のご紹介当院のご案内初診の方へ治療の流れ交通案内

歯科健診の効果

Contents
 

 
Calender
Mobile Site
QRコード

成瀬歯科クリニック

クルーズデンタルケアセンター

歯科健診の効果

歯科健診の効果

食べ物をよく噛んで食べることは健康づくりの基本です。 歯が揃っている時は、1本位抜けても大丈夫と思っている人が多いのですが、実際に抜けてしまうと本当に不自由なことがわかり後悔します。奥歯を失っただけでも咀嚼力(かむ力)が65%になり、35%低下します。全部失うと総義歯を入れても、咀嚼力は20%しかなく、健全な歯が揃っている時の5分の1になってしまいます。

 歯を失う主な原因は治療が手遅れとなった虫歯と知らずしらずのうちに進行している歯周病です。歯を建物に例えると、建物は歯で建物の基礎となる土台が歯ぐきです。建物が破壊され崩れおちるのが虫歯、土台が腐食して建物が倒壊してしまうのが歯周病です。

 毎年実施している歯科健診結果では、軽度の虫歯や歯周病が60%~70%を占めています。軽度の虫歯・歯周病と重度の虫歯・歯周病を比較すると医療費で約7~15倍、治療日数で5~20倍と大幅に違ってしまいます。早期発見・早期治療が“医療費と時間”の節約に大きな効果をもたらすことが、ご理解いただけるでしょう。

 虫歯も歯周病も口内の細菌が原因で発生し、歯垢(プラーク)がその温床となっています。この歯垢中の細菌が一方で虫歯となる酸をつくり、一方では歯周病の原因となる毒素をまきちらすのです。

 そこで虫歯や歯周病を予防するために、毎日の正確で、丁寧なブラッシングが必要となります。しかも自己流ではなく、歯科衛生士にきちんと指導を受けて磨いている人の方が清掃効果が大きいのです。

 又、歯の表面と裏は歯ブラシで歯垢を除去できますが、歯と歯の隙間やブリッジの部分の清掃には、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことが不可欠となります。

 歯間ブラシは、隙間の大きさにあったサイズを使用しなければ効果がありませんので、歯科健診の際に自分にあったサイズを選んでもらい、使い方の指導を受けて下さい。

 おいしくご飯が食べられるということは私たちが楽しく、気持ちよく幸せに暮していくために欠かせないものです。又、歯が健康な高齢者は健康状態も良いとの調査が報告されており、健やかな高齢期を迎えるためにも、現在の口の健康を守ることが重要な意味をもちます。

 “歯科健診”は歯科医師による口腔内診査や治療相談、歯科衛生士による歯石除去・ブラッシング指導をおこなっておりますので、ご自分の口腔内状態のチェックに是非お役立て下さい。

 

歯科健診の必要性及びその効果

今日の健康管理は、まず歯からと歯は健康の窓口とも云われています。この健康管理の面では更に、治療から予防へ重点が移行しております。歯科健診につきましても歯科治療の前に、まず歯科予防衛生が大切である事の重要性が認識され、その必要性が年々高まり歯科予防衛生の普及が広まってきており、この為の歯科健診が開業歯科医師並びに健診を取り入れている組合等で、その効果が高く評価されております。

歯科健診は、まず第一に“自分の歯”に関心を持ち認識を深めていただく事、次に現状の自分の歯の状態を把握していただく事から始まります。

ですから歯科健診を積極的に受けていただき虫歯や歯肉炎、歯槽膿漏、歯肉ガン等の早期発見をなし、それの対策と歯科予防衛生を含めて各人に合った方法でDr.並びに衛生士からの指導と説明を受け、その指示を守り実行する事によって時間と費用を節約し、健康で丈夫な歯を自分で守る事になります。そしてこの事は生涯“自分の歯で過ごす事も決して夢ではない”と専門家の方々からも云われております。

歯科健診によって指摘された虫歯の総数の60%前後がC1及びC2と云う初期の虫歯であり、このC1及びC22は比較的短時間で治療が終了し、かつ治療費用も少なくて済み、これがため早期発見・早期治療が大きな効果をもたらしていると云われております。一度抜け落ちた歯は再び戻りません。ですから歯科健診を積極的に取り入れ、広く組合員の方々に呼びかけていただき健診を受けていただく事が組合員の方々の健康を守る事につながります。

ページTOPへ戻る